2020年2月13日

カテゴリ―:

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

◆達人の金言

プロ野球ヤクルトの野村元監督の訃報が報道されています。

こんな記事を読みました。

豊富な野村語録の中にこんな言葉があるそうです。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

意味するところは 「勝因には奇跡やまぐれがあるが、敗因にはセオリーから外れるなど必然性がある」のだと。

これって、障害年金にも通じるところがあるのではないでしょうか。

もちろん障害年金の請求は勝負事ではありませんが、受給権が得られなかった場合はそれなりの理由があるはずです。

リベンジには複数の選択肢がありますが、どの選択肢を選ぶにしても第一歩は不支給決定の理由の究明だと考えます。

2020年2月9日

カテゴリ―:

「日常生活の困難さ~社会性編」

診断書の日常生活能力の判定

◆社会性の範囲と質

診断書の様式を確認しましょう。

「(7)社会性(銀行での金銭の出し入れや公共施設等の利用が一人で可能。また、社会生活に必要な手続が行えるなど。)」

日常生活の中でも重要な事柄であり、不明な点は担当者や周りの方々に聞くコミュニケーション能力も必要になります。

行政機関、銀行等での手続き、公共交通機関の利用がこのカテゴリーに入ります。

共通して求められる能力は、ルールの理解、公共マナー、コミュニケーション能力です。

困難を来した具体例があれば、先生にお伝えするとよいでしょう。

2020年2月7日

カテゴリ―:

「日常生活の困難さ~身辺の安全保持及び危機対応編」

診断書の日常生活能力の判定

◆身辺の安全保持及び危機対応の範囲と質

診断書の様式を確認しましょう。

「(6)身辺の安全保持及び危機対応(事故等の危険から身を守る能力がある、通常と異なる事態となった時に他人に援助を求めるなどを含めて、適正に対応することができるなど。)」

危機察知能力、臨機対応能力など最も高い能力が求められる分野です。

障害のない方も必ずしも十分持っているとは限らない能力です。

家の中では、火の始末、家電の扱い、戸締りなど、屋外では乗り物、通常と異なる事態の判断能力と対応能力など多岐に渡ります。

屋内での具体例を中心に記載していただければ説得力があるでしょう。